車を高く売るコツ

車を高く売るコツとは?

車を高く売るコツとしてはやはり実際に査定をするときにいかに車を良く見せるか?です。

 

古い車でもしっかりと洗車をして中も掃除をしてという感じですと向こうに好印象です。

 

逆にいつも通りに車内が乱雑で洗車もされていないとなると、「この持ち主は車を大事にしていないな〜」と思われること必至です。

 

人間、見た目が9割、大事だと言われる時代になりましたが、やはり車も印象が大事ですので、キレイな車という印象が付けばかなり査定額も違ってきます。

もっとも車の故障があれば後々分かってしまうので、故障してる部分を偽ることは止めた方が良いでしょう。

 

ただ調子が悪い等、自分でも良く分からない不調をわざわざ言う必要はないと思います。素人では原因が分からないですし、査定の時にそれを調べるのが向こうの仕事ですから、よく分からないことは言わないで問題ありません。

 

査定の前に修理するべきか?

例えば凹みとかキズがあるとします。

 

それはマイナス査定になるから直した方が良いのだろうか?という疑問があるかもしれません。

 

何と言っても見た目が大事というところはありますからね。

 

しかし、私の感覚からすると直さない方が良いと思います。

 

直すにはお金が結構かかりますから、それを直してプラス査定になるのか?ここは疑問です。

 

またお金を出して直しても高くなる保証はないのでリスクがあるのでわざわざ凹みやキズ、その他の故障は直しません。

 

ただし前述のとおり、査定する段階では車をキレイしますね。これはちょっとの手間で良く見えることになりますからやった方が良いでしょう。

 

また直前にはタバコを車内で吸わないなど印象を良くすることは重要です。タバコ臭い車内だとマイナス査定になりますよね。

 

タバコを吸っているか吸っていないかは査定する方もプロですから一発で分かってしまいます。ただその時の臭いというのも査定に響く要因ではあるでしょう。

 

スタッドレスなど付属品もつけた方が良し

またその他ではスタッドレスなど付けられるものはつけた方が良いでしょう。

 

要らないと言われたらこちらで処分をしたら良いですから、付けられるものつけるというのも一つです。

 

まあ高価なアルミホイールを履いているのであれば、そちらは個別にヤフオク等で売った方が高くなるという場合はありますが、そういうホイールを購入したことがある方ならこちらで言うまでもないことでしょう(笑)。

 

ただゴミになりそうだからと言ってあるのに付けないというのはもったいないかもしれませんので何でも良いので付けておきましょう。

 

【車買取 石川へ戻る】